見出し画像

転職活動のすゝめ 〜転職する気がなくても転職活動したほうがいい5つの理由〜(前編)

はじめにお断りしておきますが、
転職活動=転職すること をお勧めしているわけではありません

今すぐ転職する気がない方でも転職活動をおこなうメリットは大きいですよ、というお話です。

ちなみに転職活動とは以下のように定義されています。

転職のために、求人広告やハローワークを利用して希望する企業・職種を選び、会社訪問などをおこない、履歴書などを提出し、筆記・面接試験を受け、再就職するという一連の活動のこと。転活。

−出典:デジタル大辞泉(小学館)

転職活動とはあくまで『転職のための活動全般』を指すのであり、実際に転職する/しないについては一切問われません。数ヶ月以内に転職したいと考えて転職活動をされている方が多いですが、直近で転職する意思がなくても転職活動をすることについては全く問題ないと思います。

むしろ現時点ですぐに転職する気がない、現職に満足している、という方にこそ転職活動をお勧めしたいです。

※注※
転職する可能性がない企業への応募は控えましょう。
中途採用の担当者は毎日大量の応募者をチェックしなければなりません。
冷やかし応募は採用担当者の貴重な時間を奪うことになり、大変迷惑な行為となります。短絡的な応募、面接へ出向くことはマナー違反だと考えます。

理由としては大きく5つありますが、前編の今回はまず2つの理由をお伝えします。

理由1:自覚していない強み・弱みに気づく

職務経歴書を定期的にアップデートしているという方はあまり多くないと思います。転職活動を始めるにあたって、自身のキャリアの棚卸しをおこない、職務経歴書を作成する必要があります。
・過去に自分はどんな成果を残してきたのか
・どんなスキル、経験を身に付けてきたのか
・これからどんなキャリアを構築していきたいか
など振り返って言語化する良い機会になると思います。

また、転職エージェントを利用してキャリア相談や職務経歴書添削などのサポートを受けることも一つです。担当コンサルタントが様々な角度から情報を新たな気付きを得られるかもしれません。

理由2:余裕を持った企業選定ができる

早期に辞めたい、辞めざるを得ない状況にある場合、本人のコンディション(主にメンタル面)が通常時よりも乱れていることが多いです。
また時間的な猶予もあまりなく、急いで転職先を決めようとしてしまいがちです。このような場合、多少の懸念点やマイナス点には目をつむり、納得感の高い転職ができない可能性があります。

急いで転職する必要がなければ、本当に働きたい、心からワクワクするような転職先をじっくり時間をかけて選定することができるはずです。

(後編に続く)

***

最後までお読みいただきありがとうございます。
noteのご感想など、SNSでシェアしていただけたらうれしいです。

juice up転職エージェントは、コンサルタントとの面談やその後のコミュニケーションの中で、ご自身の転職軸や強みの整理、今後のキャリアプランなどを深くディスカッションし、ありたい姿を言語化できるのが強みです。

キャリア相談は無料となっておりますので、どうぞお気軽にお申し込みください。


juice upは、20代・30代の「楽しく、はたらく」を支援している転職エージェントです。

ズキュウウウン!(感謝です!)
15
「楽しく、はたらく」を実現したい方々に向けて、転職のサポートをおこなっている会社です。転職に関するテーマにとどまらず、「はたらく」ことについて幅広く書いていきます。https://agent.juice-up.co.jp/

こちらでもピックアップされています

転職ガイド
転職ガイド
  • 8本

転職活動の方法や、ポイントについて解説した記事を公開中です。