新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

転職エージェントが予想する、アフターコロナに伸びる業界 part1

新型コロナウィルスは日本経済に深刻な打撃を与えたと同時に、人々の働き方の変化、ビジネストレンドの変化をもたらしたのではないでしょうか。

これから伸びるであろう業界を、企業業績などの観点から考察・予想してみました。今回はその第1弾です。

SaaS

SaaSは「Software as a Service」の頭文字をとったもので、サースもしくはサーズと読みます。これはあくまで肌感覚になりますが、サースと読む人がやや多数派でしょうか。(サーズ=SARS:重症急性呼吸器症候群を連想させるのを嫌がる方もいらっしゃるのでご注意ください)

テレワークの拡大によって一躍有名となったzoomなどのWEB会議サービス、SlackやChatworkなどのビジネスチャット、Office 365やG Suiteなどのグループウェア、Talknoteなどの社内SNS、挙げればキリがないですがこれらは全てSaaSです。

現在BtoBの世界では、従来のようなパッケージ売り切り型のサービスに取って変わり、SaaSビジネスが主流となりつつあります。

・インストール不要で、申し込めばすぐ使える
・初期開発が無く、導入費用を抑えられる
・クラウド上で動作し、作業場所を選ばない

などのメリットは、アフターコロナにおいて更に有利に働くと考えており、今後も様々な新しいサービスが生まれ、市場全体として伸びていくことが予想できます。

*日本のSaaS企業の売上が知りたいという方は、こちらのnoteが参考になると思います

EdTech

EdTechは「Education」と「Technology」を組み合わせた造語で、エドテックと読みます。オンライン教育、オンライン授業という言葉のほうが馴染みがあるかもしれませんね。

新型コロナウィルスは教育業界に大きな変化を引き起こしたと感じています。

これまでの日本では、学校へ行って教室で授業を受けることは当たり前で、オンライン教育はあくまで補助的な役割にとどまっていたように思います。しかし、新型コロナウィルスによって当たり前だった「学校で授業を受ける」ことが事実上不可能となったため、自宅でも受けられるオンライン教育が一気に注目を集めました。

もともと、OECD加盟国の中で日本教育のデジタル化は遅れており、文部科学省も教育のICT化に向けた環境整備5か年計画を策定して注力している分野であることから、今後も伸びる可能性が高いと予想しています。

VOD(動画配信サービス)

新型コロナウィルスによって人の移動が制限された結果、娯楽・エンタメ業界にも変化が見られました。

自宅で楽しめるエンタメコンテンツは映画や音楽など、どうしても種類は限られてしまいます。さらにレンタルショップの多くが休業もしくは時短営業となったため、必然的に動画配信サービスの需要が高まりました。

動画配信サービス大手のネットフリックスは、2020年1月〜3月の3ヶ月で会員数が1500万人増加したようです。

日本には既に数多くの動画配信サービスがありますが、ついにエンタメ界の巨人・ディズニーの動画配信サービス「Diney+(ディズニープラス)」も日本でスタート。

市場全体としては伸びると予想していますが、サービス数が少し多過ぎるかな?という印象です。今後はサービスの淘汰が進む可能性も十分考えられる業界ですね。

宅配・フードデリバリー

教育・娯楽だけでなく、飲食業界にも新型コロナウィルスの影響は及んでいます。

帝国データバンクの発表によると、調査対象の94.6%(53社)が2020年4月の売上実績が前年同月を下回っており、外食産業は非常に苦戦している状況です。

一方で急激に需要が高まったのが、UberEATSや出前館などの宅配・フードデリバリーサービス。新型コロナウィルスの影響による飲食店の休業をうけて、これまで利用していなかったユーザー層も獲得できたのではないでしょうか。

現在は飲食店が徐々に開業を始めており、一時期よりもニーズは減少するはずです。しかし、新たに獲得したユーザーの中で、今後も定期的に利用するユーザーは一定数いると思いますので、飲食業界の新たなトレンドとして今後も伸びていくと予想しています。

*第2弾も公開しました!

*併せて読むのがオススメ

***

最後までお読みいただきありがとうございます。
noteのご感想など、SNSでシェアしていただけたら嬉しいです。

juice up転職エージェントは、コンサルタントとの面談やその後のコミュニケーションの中で、ご自身の転職軸や強みの整理、今後のキャリアプランなどを深くディスカッションし、ご自身のありたい姿を言語化できるのが強みです。

キャリア相談(オンライン可能)は無料となっておりますので、どうぞお気軽にお申し込みください。


juice upは、20代・30代の「楽しく、はたらく」を支援している転職エージェントです。

メギャン!(うれしいです!)
13
「楽しく、はたらく」を実現したい方々に向けて、転職のサポートをおこなっている会社です。転職に関するテーマにとどまらず、「はたらく」ことについて幅広く書いていきます。https://agent.juice-up.co.jp/

こちらでもピックアップされています

アフターコロナの転職
アフターコロナの転職
  • 4本

新型コロナウィルスの影響による転職市場の変化、求められる人材の変化など、アフターコロナの転職について考える記事を公開中です。