新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【2021年2月版】転職市場動向レポート

2020年1年間の市場動向、厚生労働省発表「一般職業紹介状況について」などの内容に基づく最新の転職市場動向についてまとめています。

2020年の転職市場トピックス(年間)

 - 年間の有効求人倍率は前年比マイナス0.42% 
2020年の有効求人倍率(年間平均値)は1.18倍で、前年比マイナス0.42%でした。下げ幅はリーマンショックの影響を受けた2009年よりも大きく、オイルショックの影響を受けた1975年(前年比マイナス0.59%)に次ぐ大きさです。

 - 8月以降、1都3県の有効求人倍率は1を下回る
2019年12月時点では、1都3県の有効求人倍率は1.4倍を超えていましたが、2020年8月以降は1を下回る状態が続いています。

画像4

 - 休業者のピークは597万人、過去最大の増加数
2020年4月に1回目の緊急事態宣言が発令された後、休業者が大幅に増加。4月の休業者数は過去最大となる597万にのぼり、2020年平均の休業者数は前年比プラス80万人の256万人で、比較可能な1968年以降で最も多い数字となりました。

 - 完全失業率は2.8%、11年ぶりに前年値から上昇
完全失業率は前年比プラス0.4%となる2.8%、完全失業者数は191万人で前年から29万人増加。ともにリーマンショック以来11年ぶりに前年より増加しました。

 - 新型コロナによる解雇・雇い止め8万人超
新型コロナウィルスによる業績悪化などに伴い、解雇または雇い止めされた労働者は、2021年1月15日までの累計値で82,050人(見込み含む)にのぼると厚生労働省から発表がありました。

また、東京商工リサーチによると、2020年に早期退職や希望退職を募集した上場企業は93社にのぼり、募集人数は明らかになっている分だけで1万8635人にのぼるということです。

新型コロナウィルスは収束の気配が見えず、先行きの不透明さは増している状況にあるため、2021年もこの動きはしばらく続く可能性があります。

有効求人倍率

2021年1月29日に厚生労働省から発表された「一般職業紹介状況(令和2年12月分及び令和2年分)について」によると、2020年12月の有効求人倍率は1.06倍で、前月と同水準でした。

画像1

引用:一般職業紹介状況(令和2年12月分及び令和2年分)について(厚生労働省)
*有効求人倍率の算出方法
公共職業安定所(ハローワーク)に届け出があった求人数(前月までの繰り越し分も含む)を、同様に集計した求職者数で割って算出。新卒の求職者数は人数に含まない。

正社員有効求人倍率

画像2

パートタイムを除いた正社員有効求人倍率は0.81倍(前月比+0.01%)でした。

正社員有効求人倍率は2020年7月以降、ほぼ横ばいに推移。有効求人倍率は1を上回っていますが、正社員に限定すれば、求人数よりも求職者数が多い状況が続いています。

*正社員有効求人倍率の算出方法
公共職業安定所(ハローワーク)に届け出があった正社員の求人数(前月までの繰り越し分も含む)を、パートタイムを除いた求職者数で割って算出。ただし、パートタイムを除いた求職者には派遣労働者や契約社員を希望する者も含まれるため、厳密な意味での正社員有効求人倍率より低い値となります。

新規求人倍率

画像3

新規求人倍率は2020年7月以降やや回復傾向で、2020年12月の新規求人倍率は2.07倍(前月比+0.05%)でした。

前年同月と比較するとマイナス18.6%となっており、2019年と比べると依然として厳しい状況です。産業別に見ると、前年同月比+6.5%だった建設業を除き、全ての産業が前年同月比マイナスとなっています。

<新規求人倍率の減少が大きい産業(カッコ内の数字は前年同月比)>
・宿泊業、飲食サービス業(▲31.4%)
・生活関連サービス業、娯楽業(▲30.8%)
・卸売業、小売業(▲28.3%)
・情報通信業(▲26.8%)
・運輸業、郵便業(▲25.2%)

*新規求人倍率の算出方法
公共職業安定所(ハローワーク)に新たに届け出があった求人数(前月までの繰り越し分は含まない)を、同様に集計した求職者数で割って算出。有効求人倍率と同じく、新卒の求職者数は人数に含まない。

まとめ

2021年1月上旬に緊急事態宣言が再発令され、先行きの不透明さが増していますが、このような状況下で積極的に中途採用をしている企業もあり、そのような企業には以下の共通点が見られます。

・経営基盤がしっかりしている
・会社の成長期にある
・事業(業界)の将来性が見込まれる

つまり、現在募集中の求人は「優良求人」が高く、一時的に年収が下がったとしても、将来的な年収アップやキャリアアップに繋がる可能性が高いです。

「新しい環境にチャレンジしてみたい」「業界(企業)の将来に不安がある」などと少しでもお考えであれば、情報収集やキャリアの棚卸しといったことから転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

juice up転職エージェントは、ご自身の転職軸や強みの整理、今後のキャリアプランを深くディスカッションしてご自身のありたい姿を言語化し、納得のいく転職先をご紹介できるのが強みです。

転職支援サービスのご利用は無料となっておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。


juice upは、20代・30代の「楽しく、はたらく」を支援している転職エージェントです。

ディ・モールト グラッツェ!
「楽しく、はたらく」を実現したい方々に向けて、転職のサポートをおこなっている会社です。転職だけにとどまらず、「はたらく」に関する幅広いテーマについて書いていきます。https://agent.juice-up.co.jp/