ダイレクトリクルーティング 虎の巻

7
ダイレクトリクルーティングにおける人材要件定義の進め方

ダイレクトリクルーティングにおける人材要件定義の進め方

ダイレクトリクルーティングを運用する中で、 ・現場が求めている人材要件がはっきりしない ・人材要件を満たす候補者が書類NGになる といった問題に直面した経験はありませんか? このような場合、人事と現場(採用部門)で「人材要件の認識が合っていない=人材要件定義ができていない」ケースが多く、そのままの状態で採用活動を続けていても採用成功する可能性は低いです。 実は、人材要件定義にはいくつかポイントがあり、それを踏まえた上で現場と認識をすり合わせることが重要です。 今回の

11
ダイレクトリクルーティングで採用成功する企業の共通点

ダイレクトリクルーティングで採用成功する企業の共通点

当社では2014年の創業から、ダイレクトリクルーティング支援事業(スカウト採用代行)を行っていますが、人事・採用担当者の方からこのような言葉を良く耳にします。 「ダイレクトリクルーティングを導入しているんだけど、なかなか採用に繋がらないんだよね。」 「スカウト作業に時間がかかるのが億劫。いつも後回しになってしまう。」 「ダイレクトリクルーティング経由でもっと採用したいけど、自社にノウハウが無くて困っている・・・」 などなど。 ダイレクトリクルーティングで効率良く採用

11